プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

札幌で上質な黒毛和牛の鉄板焼のステーキ屋をやってます。

鮮度にこだわった牛肉を提供する為、肉の臭みなど一切感じさせません

食材には自信を持って用意していますが、
接客にも気をつけ、皆さんに満足いただけるようやってます。

気になることや気づいた事があれば、是非お知らせください
皆さんに喜んで頂けるお店を目指しています

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月23日 (月)

北海道の食材

北海道サミットがもうすぐ開催

先進国が集まる北海道環境サミットがもうすぐ開催されます。

たくさんの人たちがこの北海道に来ることが予想され、毎日警備の訓練が行われています。

この初夏の時期、またサミット開催ということで道外や海外の人たちが北海道におとづれ、北海道の自然にふれ、そして環境対策に取り組むことを話し合い、未来の子供たちの為いい環境作りが出来ればいいですね。

便利になった私たちの社会それに伴い環境汚染など深刻な問題も見過ごすことの出来ない問題です。

私たちに出来ることは、資源を大事にする気持ち、食材を無駄なく使いきる努力だと思います。

生活ごみの多くは食べ残しの生ごみ! この食べ残しは本当に無駄な資源の使い方だと私は思います。

食材の使い方など出来るだけ全部使い切る努力は大切なことだと思います。

話は変わりますが、当店では、この時期限定で道産食材を使ったコースをご用意いたしました。

前菜やサラダ、魚介焼きに北海道で育った和牛の新鮮な刺身、ステーキ、握りずしに、かにチャーハン、北海道の食材を満喫しませんか?

2008年6月19日 (木)

牛肉へのこだわり

【いしざき】が提供する牛肉のこだわり

牛肉は一般的にはと殺されてから、加工されるまである程度の時間が掛かるのが一般的です。

と殺され、枝肉という骨付きの状態で加工業者が管理し、買い手を待っています。
1~2週間の期間を経て、買い手がつき各部位に加工され、それぞれの買い手にわたりそれからお店ごとに熟成と呼ばれる寝かせる期間をおきます。

牛肉は、熟成期間をおくことで牛肉の繊維が軟らかくなり、また旨み成分が分泌されてきます。

しかし、良い変化と共に牛肉特有の癖や、脂のくどさなども出てきてしまいます。

私ども【いしざき】では牛肉の卸業を営む頃から、新鮮な牛肉と触れ、時間を置いて納品する牛肉も見てきました。

牛の加工から解体加工まで手がけ、自分たちが口にするなら加工した手のある程度歯ごたえのあっても癖のない牛肉を食べたいと思いました。

また、そういう牛肉で商売をしたいと思い始めました。

牛肉の本来持っている味わい、食感。

脂ののった霜降りの部位、いかにもくどそうなイメージを鮮度の良い肉で払拭したい。

そういう思いで牛肉作りをしています。

おかげさまで、私どもの考えに共感していただき、足を運んでいただくお客様に支えられ、すき焼・しゃぶしゃぶの店【牛のいしざき】は36年を過ぎることが出来ました。
これもひとえに、皆様に支持され応援いただいた賜物と感謝しております。

これからも、【いしざき】で提供する肉の品質にこだわりいついらしても美味しいお肉を提供できるよう頑張ってまいります。

今後もご愛顧のほどよろしく願い致します。

2008年6月 4日 (水)

今日からよさこいソーラン祭りがはじまります

今日から毎年恒例になりましたよさこいソーラン祭りが始まります。

今年は、大通り会場にディズニーのキャラクターも来るようです。

例年を上まわる人出になるのではないでしょうかsign02

ススキノにも会場が予定されており、夜のススキノがにぎわうのでしょうsign01

しかしまた、飲食店を営む私たちにとっては、来客者が減る頭の痛いところです。

お祭りなのでしょうがないのかなと思いますが、経済効果も期待できる、上手な付き合い語ってないのでしょうかね?

ステーキ&ワイン いしざき 本店 のサービス一覧

ステーキ&ワイン いしざき 本店