プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

札幌で上質な黒毛和牛の鉄板焼のステーキ屋をやってます。

鮮度にこだわった牛肉を提供する為、肉の臭みなど一切感じさせません

食材には自信を持って用意していますが、
接客にも気をつけ、皆さんに満足いただけるようやってます。

気になることや気づいた事があれば、是非お知らせください
皆さんに喜んで頂けるお店を目指しています

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 『秋のいしざきコース』のご案内 | メイン | golf日記 »

2010年11月 1日 (月)

お店の禁煙化について

こんばんは

steak & wine いしざき

店長 gyunikumanです。

今年4月、神奈川県の受動喫煙防止条例に伴う、飲食店の禁煙化が行われました。

その後、神奈川県では、お客様の反応やお店側の様子はいかがなものでしょうか?

当店もnosmoking禁煙席を希望されるお客様にあわせ、同じく4月より試験的に店内のship分煙化nosmokingを行ってまいりました。

おタバコを吸われない方には、当たり前のことのように感じられて、「今の時代良いんじゃないsign02」って言われますが、

タバコを吸いたいお客様にとっては、禁煙に御協力頂いて本当に感謝しております。

現在、当店ではメインカウンター席、並びにボックス席は禁煙席

   店内奥にある多人数用の個室を、その日の予約状況により喫煙可能席に
開放して、合席で御利用いただいております。

常連さんもタバコを吸う方の御来店も多いのですが、今分煙している席の
都合上、喫煙可能な席が少なくまた、個室を利用のお客さまが2組予約が入っている場合、喫煙可能席が0席になってしまう場合があります。

忙しい日は、それでも満席状態になりますが、暇な日に個室が埋っていて

カウンター席、ボックス席が空いているのに、「タバコを吸える席が無いなら行かないってsign03」断られることがしばしばあります。downcrying

かといって「今日はタバコを吸う人が多いのでカウンター席を喫煙可能席にします」と言うわけにも行かず、席を空けたまま使えない状態って感じですsweat02

タバコを吸わない人には、いい環境を御提供できますが、当店も売り上げを確保していかなければ、従業員への保証も出来なくなりますので、悩みどころです。

開店当時カウンター席、ボックス席2席で始めた頃は、店内喫煙OKでやってきました。

タバコの苦手な方は、お申し出があれば端のほうのタバコの煙のあまり来ない
席を用意していました。

2005年に奥に鉄板のある個室を造ってからは、タバコが苦手とおっしゃる方には、「奥にタバコが苦手と言う方のために、おタバコを吸わない方用のお席をご用意いたします」といって対応していました。

喫煙率の高い札幌!!
やっぱり、お酒の入るディナータイムのお食事にはタバコを吸いたいっていうお客様が多いのが現状です。

ランチタイムならパッと食べて外で吸えれば良いかなって感じでも

夜のアルコールの入る時間帯はやっぱり席で吸いたいって言われます。

今、これからのお店の方向性を考え迷っているところです。

また以前のタバコが苦手とおっしゃる方に、禁煙席をおつくりする方が今の当店にとっては良いのかと思ったりします。

実際に喫煙可能席がいっぱいで、カウンター席に座られているお客様の3割ぐらいは喫煙席希望と言う方で喫煙を我慢していただいている状況があります。


gyunikumanでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/568127/28607157

お店の禁煙化についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ステーキ&ワイン いしざき 本店 のサービス一覧

ステーキ&ワイン いしざき 本店